--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.18 *Sun

『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎 書評・感想

ゴールデンスランバーに続いて伊坂幸太郎作品の2作目はどれを読もうか(゚~゚o)
『死神の精度』や『オーデュボンの祈り』など評判いいものと迷いましたが
タイトルの理由が気になった『アヒルと鴨のコインロッカー』に挑戦です


大学入学のために上京してきたと思ったら「一緒に本屋を襲わないか」
なんて隣人に誘われちゃったりして、それも広辞苑を強奪しに行くという…
物語の動き出しは突飛だけど面白い発想で引き込まれる

また、本作もゴールデンスランバーと同じく過去と現在の
2つの時間軸を行ったり来たりしながら進んでいく構成になっていて
その2つがいつ、どんなクロスを果たすのかとワクワク


そう思って中盤まで読み進めていると
所どころ浮いたセリフ回しや独特な人物・背景描写、軽い読み心地などなど
終始ライトノベル寄りなイメージ
文体はなんとなく村上春樹風( ̄へ ̄|||)ニガテ

またミステリーといえば、気になるのは
やはり伏線とその種明かし、オチであるが
どれもなんともパンチが弱い(´ロ`')

読んでいて面白いことは面白かったんだけど
直前に『ゴールデンスランバー』を読んで
期待値が高かまってしまっていた伊坂幸太郎作品だったので、
まだまだ荒削り感の強い作品の『アヒルと鴨』には
肩透かしを食らったようで、結局入り込めませんでした

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
私の評価:★★★☆☆

[内容紹介]
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。
初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。
彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!
注目の気鋭が放つ清冽な傑作。


また、題名にもなっており、作品中でも扱われている
「アヒルと鴨の違い」について
作中ではハッキリとは明かされなかったので調べてみました

“アヒルは鴨を改良して肉や卵をたくさんとれるよう家畜化したもの”であり
作中にあるような「日本にいるのが鴨で海外にいるのがアヒル」
という訳ではないようですね

琴美は冗談でいったセリフでしょうが、この作品を真に受けて
知り合いに嘘を話したりしないようにしましょうね
関連記事
CATEGORY : 小説 | THEME : 読書記録 | GENRE : 小説・文学

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


最新記事



カテゴリ

  • 音楽 (6)
  • 邦楽 (6)
  • 洋楽 (0)
  • 本 (1)
  • 小説 (6)
  • 漫画 (4)
  • ゲーム (4)
  • アニメ (10)
  • パソコン関係 (19)
  • 生活 (24)
  • アクアリウム (88)
  • 雑記 (13)
  • 未分類 (0)



カレンダー

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



おすすめ



スポンサードリンク



アクセスカウンター(仮設置)

ユニークアクセス
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED


トータルアクセス
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED






Blog紹介

potsu

Author:potsu
趣味の事を中心に、気になった事を
備忘録を兼ねて書いてい



Blog内検索



リンク

☆このブログをリンクに追加する☆



RSSリンク



アクセスカウンター

現在の閲覧者数:










Copyright © ぽつねんの備忘録 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。