FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.29 *Fri

アクアマインドのGH測定キット買ってみた

以前買ったpH測定キットに続き、GH測定キットもアクアマインドさんで購入させてもらいました

aquamindlaboratoryGH測定キット 900円也
478755RIMG0002.jpg


小さい試薬のA液が一本
大きい試薬をB液が二本入っています

一回の測定に、A液は2滴だけでいいのですが
B液は1滴でGH1゜dHなので、GHが高ければ高いほど使う量も多くなるようです
たとえばGH5゜dHの水質なら5滴、GH10゜dHの水質なら10滴使うわけですね


詳しい説明はコチラの販売ページへどうぞ→【LINK】





それでは早速、60㎝水槽のGHを測ってみましょう

試験管に5mlの飼育水を入れて、そこにまずA液を2滴加えてよく混ぜあわせます
この時点ではまだ水に色は付きません


次にB液を一滴ずつ加えていき色の変化を見ていきます
ピンクから青色に変わった滴数がGHの値となります

一滴目:うっすらと淡いピンク色に

三滴目:ピンクが少しずつ濃くなってきて、紫色に近づいてきました
478943.jpg

六滴目:一瞬青色になりましたが、よ~く試験管を振ってみると紫色に逆戻り
478946.jpg

七滴目:完全に青色に変化しました 
478947.jpg


ということで、我が家メインの60㎝水槽のGHは7゜dH!

ビーシュリンプに適している硬度は4~10゜dH、または5~8゜dHあたりと言われているので
なかなか良い数値だと思います



今までは試験紙での測定だったので大雑把な値しかわからず、さらに不正確であると言われることもあるので
もやもやした気持ちがどこかにありましたが、バシっとした数値がわかってスッキリしました

デザインも良く、使いやすい、さらにお手頃価格!
オススメです

チャームあたりで取り扱ってくれればもっとイイんだけど・・








ちなみに、前回同様テトラの試験紙6in1でも測定してみましたが
CL2:0 / pH:6.8 / KH:6 / GH:8 / NO2:0 / N03:25
という結果だったので、pHに続きGHもほぼ近い数値を示していることが分かりました

正確性に疑念が付き物の試験紙ですが、意外と使えますね
手軽に済ませたい時には一番でしょう
こちらももう少しで無くなってしまうので、買い足しておきたいと思います








【追記:2011/5/1】

書いてみたは良いものの、長文且つ駄文で誰も読んでくれなそうなので
ひとつの記事にするのは忍びなく、とは言っても捨てるのも勿体無いので、ここにコッソリ置いておきます




今回、GH試薬を買ったことから硬度について興味が出てきたので
あらためて少し勉強をしてみました




まず、
総硬度とは「水中のカルシウムとマグネシウムの総和量を表したもの」です


アメリカ硬度で考えた場合、カルシウム塩とマグネシウム塩の量を炭酸カルシウムの量に換算し
簡易的に「硬度 (mg/L) ≒ カルシウム濃度 (mg/L)×2.5 + マグネシウム濃度 (mg/L)×4.1」といった計算式で求められます

よくミネラルウォーターなんかに書いてある硬度は、このアメリカ硬度の方ですね


たとえば超硬水で有名なコントレックスには、1Lあたり「カルシウム:468.0mg、マグネシウム:74.5mg」が含まれているため
上記の式に当てはめると 【468 × 2.5 + 74.5 × 4.1 = 1475mg/L】 という非常に高い硬度が算出できます

ちなみに1475というのはアメリカ硬度における数値なので
アクアリウムでよく使われるドイツ硬度に直すと【1475 ÷ 17.8 = 83゜dH】 となります

ものすんごい数値ですね
ビーシュリンプのブログを見ると、このコントレックスで水換えをされている方もチラホラ見かけますが
使い方を間違えると大変なことになりそうですね






と、ここで本題
前回の測定でうちの水槽の総硬度は7゜dHということがわかりましたが、その内訳はどうなっているのでしょうか?
試薬を手に入れて正確な数値が分かりだすと、こんな余計なことまで考えてしまいます


わたしは水槽の水換え、足し水にRO水にミネラルを添加したものを使っています

ミネラル添加剤の一つとして使っているあらなみの本にがりには
100mlあたり「カルシウム:2200mg、マグネシウム:4600mg」が含まれているようで
だいたいの比率は【Ca:Mg = 1:2.1】となります

大磯など他の要因でGHが上昇していないと仮定すると
水槽の水にも同様に【Ca:Mg = 1:2.1】の割合となります

つまり、GH7゜dHだとすると「カルシウムは11.2mg/L、マグネシウムは23.6mg/L」という内訳で含まれていると考えられます




ちなみに、人間にとっての好ましい摂取割合は
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に依れば、大体【Ca:Mg = 2:1】
こっちのほうが見やすいかな→【食品摂取基準(ミネラル)

さらに以下のページには【Ca:Mg = 4:1】や【Ca:Mg = 10:1】でも良いと書かれていました
・海洋深層水 http://mizu.kisojoho.net/post_8.html
・臨床栄養士のひとり言 http://nutmed.exblog.jp/7906819/


これはエビに対しても当てはまるのでしょうか?
もしそうだとすれば、うちの水槽にはカルシウムが分がとっても足りていない事になってしまいます

にがり以外に、もう一つわたしが使っているミネラル添加剤の
ミネリッチ」には成分表が書いていないので詳しいことは分かりませんが
商品説明を見てみると天然海水に近い組成らしく、こちらもマグネシウムの方が断然高そう


我が家のBeeの白が薄いのはこの辺に問題があるのかもしれません




その点、上に書いたコントレックスには【Ca:Mg = 6.3:1】という非常に高い割合でカルシウムが含まれており
実際に「コントレックスを入れて白が濃くなった」といったような記述も見たことがあります

やはりエビにとってもカルシウムの割合が多いほうがいいんでしょうかね






そうなってくると、どうにかしてカルシウムを添加してやりたくなっちゃいますが
もうこれ以上添加剤とか増やすのはなぁ  う~ん

んま、アホなわたしが色々と首を突っ込んでしまうと失敗するのは目に見えてるしね
『君子危うきに近寄らず』とかって言ってることだし、あたしも君子さんに従っときますかね





試しに・・コントレックスくらいはやってみようカナ!?(笑
関連記事

COMMENT

化学実験みたいですね。
2011/04/30(土) 01:16:23 | URL | mongy #- [Edit
>mongyさん
そうですね~
試験紙を水に漬けるだけってのよりも、水質測ってる感じが出て楽しいです
2011/05/01(日) 15:18:33 | URL | potsu #K9UPeZzQ [Edit
うひゃ!
これは勉強になります。
なるほど、Caの割合とかってこういう式からも割り出せるんですね。
やっぱ理系だな、こりゃw
2011/05/03(火) 05:46:13 | URL | mongy #- [Edit
>mongyさん
残念!アッシはバリバリの文系ですよi-234
ウィキペディアとか見てまとめただけですので、間違ってる所もあると思いますi-229

上に書いた計算式もあくまでもにがりと同じ割合として仮定した場合ですから実際とは違うでしょうね
この勢いでカルシウム試薬を買ってみようかと思いましたが、海水用しかないんですよね~
まぁそこまで拘る必要はないでしょうけどi-239
2011/05/03(火) 16:11:22 | URL | potsu #K9UPeZzQ [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


最新記事



カテゴリ

  • 音楽 (6)
  • 邦楽 (6)
  • 洋楽 (0)
  • 本 (1)
  • 小説 (6)
  • 漫画 (4)
  • ゲーム (4)
  • アニメ (10)
  • パソコン関係 (19)
  • 生活 (24)
  • アクアリウム (88)
  • 雑記 (13)
  • 未分類 (0)



カレンダー

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新コメント



おすすめ



スポンサードリンク



アクセスカウンター(仮設置)

ユニークアクセス
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED


トータルアクセス
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED






Blog紹介

potsu

Author:potsu
趣味の事を中心に、気になった事を
備忘録を兼ねて書いてい



Blog内検索



リンク

☆このブログをリンクに追加する☆



RSSリンク



アクセスカウンター

現在の閲覧者数:










Copyright © ぽつねんの備忘録 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。